空調機のオーナー様へ

空調機のオーナー様のお悩みは まず電気代(ランニングコスト)そして突然の故障(偶発故障)だと思います。定期的な診断により空調システムの異常(故障)をある程度予測できるため、最小限の部品のメンテナンスで空調機を維持でき、大きなトラブルを防止できます。徐々に始まる熱交換器(エアコン内部)の汚れは気がつきにくいものです。何らかのトラブルが起きてから汚れに気がつくケースがほとんどです。その時には空調が効かないばかりか、ファンモーター・圧縮機などにダメージを与え、異常音や異臭の発生など空調システム全体に影響を与え、電気代・修理代また客商売のオーナー様には客足にも影響してしまうのです。機器の新旧にかかわらず定期的なメンテナンスの重要性をぜひこの機会に考えてみてはどうでしょうか。

 

お問い合わせはこちら

定期メンテナンスの有効性について

 定期的なメンテナンスはランニングコストを低減させます。エアフィルタや熱交換器を清掃しないで運転を継続すると、例えば暖房運転では次第に冷凍サイクル内の圧力が上昇するため、消費電力も著しく増大します。 図1の表ではノーメンテナンスのまま運転した場合と定期清掃をした場合に比べ約40%も電気を浪費した事がわかります。電気だけではなく、風量の低下・水漏れなどの様々なマイナス要因にもつながっていきます。定期メンテナンスの重要性をかんがえなければいけません。

 

耐用年数の延長

 定期的なメンテナンスは、偶発故障を最小限に抑え、摩耗故障が生じる使用年数の期間(対応年数)を伸ばすことができます。

空調機は送風機・電気電子部品等、様々な部品によって構成されていますが、これらの部品は徐々に劣化します。各部品の交換時期を事前に提案し対処していく事で長く快適に空調機を使用する事が必ずできます。

 

 

営業時間

平日  8:00~19:00 

土曜日 9:00~19:00

定休日

日祭日

 

お問い合わせ

TEL: 093-982-4451

FAX: 093-982-4491

電話でのお問い合わせは

平日PM14:00~19:00まで

FAX・WEBでのお問い合わせは24時間受付

 

お問合わせはこちらから